筋肉痛がするときは運動しないほうが良い?

筋肉痛

筋肉痛がするときは運動しないほうが良い!

筋トレによって筋肉痛になった場合は、毎日の筋トレをする日を避けるべきです。
毎日同じ部位のトレーニングを行うと、
筋肉の修復が遅れて、筋肉が発達しなくなります。
それだと筋トレをする意味がなくなるので、いつもしていない部位をトレーニングしましょう。
筋トレをの休む期間は部位でバラバラですが、
だいたいは、2日から3日間くらいはお休みすると良いです。
その理由は、筋肉の修復や超回復には48時間から72時間程度が必要だからです。
なので筋肉痛になった場合は、この期間は開けましょう。
筋トレで必要なのは、トレーニングだけでなく休養と栄養が必要です。
トレーニングによって筋肉の細胞が破壊されます。
すると筋肉痛になります。
つまり筋肉痛が出るということは、それぐらい筋肉に負荷をかけトレーニングできた証拠です。
筋肉痛のまま我慢して筋トレを続けても、
筋細胞を破壊し、筋肥大する時間がなくなるので、こういう場合は筋トレをやめましょう。
逆に無理に筋トレをしても逆効果で筋肉が弱まってしまうんですよ。
そして休養期間が終わると、さらに筋肉がパワーアップします。
筋トレを行った後は筋肉が疲弊し、その期間に休養すると、
もう一度と同じトレーニングをしても、耐えられるような丈夫な筋肉へと作り変えられます。
ですが筋肉痛だからと言って、筋トレを休むことが習慣になってしまうのはだめです。
運動頻度が遅くなるので、ダイエットのペースが落ちてしまいます。
筋肉痛が有酸素運動により出来たものでしたら、毎日運動をしても大丈夫です。
有酸素運動による筋肉痛は、筋肉を痛めつけるようなトレーニングではないので、
筋肉の修復は24時間くらいで十分です。
つまり、筋トレによる筋肉痛の場合は2.3日休養期間を与え、
有酸素運動による筋肉痛の場合は、筋肉痛でも運動をしても良いということです。

筋肉痛を減らすには

そもそも筋肉痛を減らす方法をご紹介します。
運動をする前には最低でも10分間は休み、5分間はクールダウンをするようにしましょう。
そしてストレッチをして体を温めることが大事です。
お風呂上がりにストレッチがさらに効果的ですよ。
お風呂上がりはポカポカと温かい状況なのでその時に体を伸ばすと
筋肉痛になりづらいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする