胸筋を効率的に鍛えるには?

胸筋を鍛えると良いこと

鍛えて筋肉が増えると基礎代謝をあげることができます。
そして基礎代謝があがると、血液の流れがよくなり、栄養を全身に送りやすくなります。
なので、痩せやすい体質になるんです。
全身の筋肉の中でも特に筋線維が集まっている大胸筋を鍛えると、
体全体の代謝を効率よくあげることができます。
代謝があがると、筋肉の質も伸ばすことができます。
また胸筋を鍛えると分厚い胸板を手に入れられます。
分厚い胸板は女性の惚れるポイントです。中でも胸筋下部を鍛えると、
胸が盛り上がり、理想の胸筋が手に入ります。
胸筋がムキムキになると力強い男を演出することができます。

胸筋を効率的に鍛えるには?

胸筋はジムで通って鍛えるのも良いですが、自宅で鍛えることができます。
自宅でするほうがふとした時でも鍛えることができるので、効率的に鍛えれます。
また自宅で筋トレをする場合は、一つ一つの動作をゆっくりと行う良いです。
その理由はゆっくり行うことで負荷を増加させることができるからです。
ですが全ての動きをゆっくりで一定にしてしまうと、
筋肉がゆっくりのスピードに慣れてしまいます。
それだと効果が弱まってしまうので、ゆっくりのスピードに慣れを感じたら、
スピードを上げてみるなどをして、筋肉に刺激を与えましょう。

ジムで胸筋を鍛える

自宅よりも集中して筋肉を鍛えたい人はジムに通うとよいですね!
中でも胸筋を効率よく鍛えるマシンを紹介します。
胸板を厚くするトレーニングとしてバタフライマシンがオススメです。
バタフライマシンに座り、左右のハンドルもしくはパッドを握り、
胸の前で開閉することで大胸筋を鍛えます。
左右の肩甲骨をしっかりと寄せて胸を張ると効果的になります。
肩甲骨を背中の中央に向かってしっかりと寄せることで、自然と胸を張れます。
また、肘の角度を固定すると良いです。
肘関節が動いてしまうと、二の腕や筋肉が使われてしまうので、効果がありません。
大胸筋に負荷をかけるため、肘は固定して筋トレをしましょう。

加圧トレーニングシャツを着る

加圧インナーシャツを着ながら筋トレをすると効果的に胸筋を鍛えることができます。
加圧インナーシャツはゴム以上の伸縮性があります。
大胸筋や腹筋を常に刺激をしてくれるので、
トレーニングをしていなくても、筋肉を引き締める働きをします。
筋肉の質を上げたい方や、筋トレが続かない方は、
加圧インナーシャツを着て筋トレをすれば、短期間で効率よく胸筋を鍛えれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする